SIDfm head title

SIDfm™ 導入事例

事例 電気通信事業者
事例 システムインテグレータ
事例 電力会社

19年以上の信頼と実績のもと、
1,500組織以上のご利用実績があります。

 SIDfm™は、長年の実績(日本で最初にサービス開始した。1999年サービス開始)によって、1,500組織を超える企業・官公庁等の多くのお客様によりご利用頂いております。SIDfm™は、迅速かつ、きめ細かく多様で整理されたセキュリティ脆弱性情報、関連情報を提供するだけでなく、お客様のリスク・マネジメントの支援にユーティリティ、ツールの提供を致しております。お客様の情報資産の「真の脅威分析」や「リスク管理」が可能なだけでなく、セキュリティ・ポリシー運用に必須の基盤ユーティリティとして、多くのお客様にご利用頂いております。是非、セキュリティ管理業務支援サービスSIDfm™をご利用ください。

様々な業種で活用されるSIDfm™ユーティリティ

SIDfm™導入事例

■ 大企業でのエンタープライズ型情報セキュリティ基盤

 日本電気株式会社様他、大企業の関連会社まで含めた情報セキュリティ基盤として、SIDfm™情報・ユーティリティは活用されています。社内システムのパッチ・マネージメントのためだけではなく、組織横断的なリスク情報の統一化に効果をあげております。

■ 官公庁・独立行政法人組織での情報セキュリティ基盤

 官公庁等の公的機関、地方自治体や大学・研究組織における大規模ネットワーク組織の情報セキュリティ基盤として活用されております。また、サーバ情報資産の脆弱性マネジメントに SIDfm™ が活用されています。

■ 大手プロバイダ・SIer のサーバの脆弱性管理で!

 多数のサーバ群を管理する業種においては、サーバのセキュリティ維持は、信用を得るための必須事項です。また、アウトソーシングの現場においても、SIDfm™ を活用し、業務の効率化を図っております。

■ 信用を第一義とする企業ユーザ層

 情報セキュリティのリスク・マネジメントは、今や企業にとって必須の経営課題です。セキュリティポリシー運用に欠かせない脆弱性情報・脅威情報を SIDfm™ から入手し、SIDfm™ の管理ユーティリティを使用して運用の合理化を達成しています。

導入事例紹介

導入事例と効果 (SIDfm™ ファミリー別)

 SIDfm™ファミリーの導入事例をご紹介します。企業規模や導入効果からお客様に合った製品をお選び頂けます。

SIDfm™ Group  5人以上のグループでシステム管理を行う拡張ライセンス

 SIDfm™ Group ライセンスは、グループ(5 ~ 10 人) でシステム運用を行っている組織やグループに適したライセンスです。大企業の部門から中企業、SIer 様などさまざまな企業規模のさまざまな業種で自社のシステム運用管理にご利用頂いています。

業種 企業規模
(従業員数)
導入効果
ソフトウエア情報処理 約30名 大手食料品メーカーのサーバ運用管理を少人数のリソースで効率的に
ソフトウエア情報処理 約400名 世界大手電機メーカー企業のサーバ運用管理の安定稼働を実現
電力 約2,500名 煩雑だった運用作業をスリム化。運用体制のリソース強化を実現。
大手建具メーカー 約4,500名 セキュリティ運用体制が効率化
サーバの運用管理台数が従来の倍の台数まで対応可能に。
大手非鉄金属メーカー 約10,000名 リスクマネジメント部にて、セキュリティのリスク管理を一元化
生命保険 約18,000名 セキュリティ情報の収集時間が0(ゼロ)に
運用体制のリソース強化を実現。
情報・通信 約200名 クレジットカード決済処理のサービス事業を展開。
迅速なセキュリティ情報を入手を実現し、PCI DSS運用基準をクリア。
情報・通信(SIer) 約1,300名 共通基盤をグループフィルタで運用管理。
重要サーバの安全性向上とリソースの削減に成功。
情報・通信 約3,000名 電子メディアの運営を展開し、情報漏洩、情報改ざんのリスク対策を日々実施。
大手製薬メーカー 約6,500名 日々の膨大な情報収集作業から脱却。
メンバー間での情報共有によってシステムの安全性が向上。
情報・通信 約7,300名 セキュリティ専門SE がセキュリティ情報を把握。
各プロジェクトへ振分けで情報収集漏れを防止
サービス業 非公開 モバイル端末向け IC カード関連サービスにおけるセキュリティ運用で効果的に情報共有。

SIDfm™ Biz   第三者へ情報を提供できるグループライセンス

 SIDfm™ Biz ライセンスは、第三者へ情報を提供できるビジネスを活性化させるライセンスです。数多くのSIer 様やデータセンター様にご利用頂いています。

業種 企業規模
(従業員数)
導入効果
情報・通信(SIer) 約20名 セキュリティ監査業務を展開。
セキュリティ診断時の参考情報及び結果報告の詳細情報としてビジネス利用。
情報・通信(SIer) 約160名 顧客(大学)のシステム運用管理ユーティリティとして利用。パッチ管理を実現。
情報・通信(SIer) 約600名 IDC 運営。お客様へ高付加価値サービスのインフラとして活用。
情報・通信(SIer) 約2,500名 Web サービスのシステム構築から運用までプロジェクトに関わる企業間でセキュリティ情報を共有
人材総合サービス 約5,000名 外部公開の全サーバのセキュリティリスク把握
定期的に実施することで安定稼働を実現。
情報・通信(SIer) 約5,500名 情報提供の安定性とサポートの両面から選択。
セキュリティビジネス展開の基盤として活用。
サービス業 約5,700名 顧客のセキュリティリスク監査を提供。
正確なセキュリティリスクを把握するために採用。
情報・通信(SIer) 約7,000名 セキュリティノウハウを蓄積し、セキュリティビジネスとして自社ソリューション展開
情報・通信(SIer) 非公開 IDC 運営。お客様担当SE のモバイルPC へ
セキュリティ情報を直接配信。迅速なサポートを実現

【事例紹介】

SIDfm™ Org  組織内での情報共有を目的とした大規模組織向けライセンス

 SIDfm™ Org ライセンスは、組織内での情報共有を目的とした費用対効果の高い大規模ライセンスです。独立行政法人や地方自治体などセキュリティを広く周知したい組織でご利用頂いています。(2015年4月で新規のお申し込みを終了いたしました)

業種 企業規模
(従業員数)
導入効果
サービス業 約350名 一般カスタマ向けにインターネットサービスを展開。
サービス運用の安全基盤構築のため全社員でセキュリティ情報を共有。
独立行政法人 約1,000名 各所に点在する事業者間でセキュリティ情報を共有。
組織内の情報リテラシーのベースアップを実現
国立研究ネットワーク組織 約15,000名 組織内各拠点のサーバ運用担当者へ
セキュリティ情報の迅速な配信を実現

SIDfm™ XML  組織内でセキュリティデータを自由に利用できるライセンス

 SIDfm™ XML ライセンスは、XML 形式のセキュリティデータを自由に利用できるライセンスです。資産情報や構成管理データベース(Configuration Management Database、CMDB)との組み合わせで、組織全体のセキュリティレベルの向上にご利用頂いています。

業種 企業規模
(従業員数)
導入効果
電気機器
(NEC様)
約21,000名 国内関連グループ全社に情報配信
障害に強いネットワークの構築と運用を実現。
電気機器 約20,000名 国内関連グループ全社に情報配信。
信頼性の向上と、大幅なコスト削減を実現。
情報・通信 約20,000名 国内、海外の通信インフラを支えるシステムを安全に運用するために利用。
早期に脆弱性を把握する仕組みと、対応フローを自動化。
情報・通信 約35,000名 関連会社が提供するサービスのシステムの安全を確保するために利用。
脆弱性が発見されたシステム担当者への通知を自動化。

【事例紹介】

SIDfm™ RA  クラウド型で脆弱性管理を目的とするライセンス

 SIDfm™ RA ライセンスは、「脆弱性管理」の運用プロセスをクラウド上に集約・統合し、脆弱性検出の自動化と脆弱性の"状態"を正確に把握、追跡できます。組織のホスト資産の脆弱性の状態管理にご利用いただいております。

業種 企業規模
(従業員数)
導入効果
サービス業 約300名 映画、音楽、各種イベントなどのチケット販売システムを安全に運用するために利用。
SIDfm RA で運用を自動化。
証券、商品先物取引業 約350名 ネット証券の基幹システムの安全に稼働するために利用。
様々なOSやアプリケーションが混在する環境のリスクを見える化。
陸運業 約2,500名 全国に広がる物流システムを安定稼働するために利用。
SRI によるリスク判定のルール化。
情報・通信 約9,000名 データセンター運営においてネットワーク基盤やお客様環境に影響を与える脆弱性をいち早く発見するために利用。
資産グループ毎にお客様の資産を分割して管理。
繊維製品 約23,000名 自社の衣類の販売サイトを安全に運営するために利用。
SIerとの情報の共有がスムーズに。