PGIトップ › PGI製品 › PGI Professional Windows版

ソフテックは、PGI 製品の公認正規代理店です

PGI® Professional Edition Windows®版 について

QUESTION
  • Windows® 版マルチコア対応 高速最適化並列コンパイラ
  • (x86 CPU用)
     PGI Workstationソフトウェア(for PGI Professional Edition 詳細
  • Windows® 上での Fortranと ANSI C11 の言語コンパイラ
    (C++は終息したため、提供されません)
  • Windows上でbashシェル上で使用するコマンド・ライン・インタフェース(Fortran,C)
  • マイクロソフトMS-MPI ライブラリ利用可能

 PGI Professional の Windows® 版製品(「PGI Workstation」とも称する。)は、Windows®上の「PGIコマンドプロンプト」上で、コマンドを用いてプログラム開発を行う利用形態となります。コマンド・ライン・インタフェース(CLI) は、Linux bash シェル・コマンドと同じものを使用します。
なお、Windows版にバンドルしていた Visual Studio 統合化可能な PGI Visual Fortran(PVF) ソフトウェアの提供は、2018年9月1日以降、行われません新規販売による提供を終了し、PVFソフトウェアは終息しました)。

Windows版インタフェース

(お知らせ)PGI 2019 (2019年リリース)以降は、PGIソフトウェアのパッケージ内に、マイクロソフト社の基本的な開発環境ソフトウェアをバンドルしない形で提供されます。関係するマイクロソフト社のソフトウェアは別途、事前導入していただく形態となります。なお、PGI 19.1リリース以降に Windows 版有償製品を「新規」に購入したライセンスでは、マイクロソフト社とのバンドル・ソフトウェアの利用契約変更に伴い、PGI 18.7 以前の過去のソフトウェアは利用できません。(PGI 18.7 以前の Windows 製品ライセンス保持者は、従来どおり、過去の PGI アーカイブを利用できます。)

(お知らせ)PGI 2016 (2016年リリース)以降において、Windows 版の C++ 言語コンパイラ(pgcpp) の提供が廃止されました(終息しました)。これに伴い、2016年リリース版より Windows 版に関しては、C 言語コンパイラと Fortran コンパイラをバンドルした製品と Fortran 単独製品の二つの提供となりました。PGI 16.1 以降の PGI Fortran/C 製品ライセンスを購入いただいた場合でも、Windows 版 C++ コンパイラを使用したい場合は、旧 PGI 15.10 をインストールしていただきますと、旧バージョンのコンパイラを使用することができます。

PGI製品のお求めは、米国 PGI 社と 25 年以上に及ぶ強力なパートナーであるソフテックへ

Windows® 版の機能概要

操作性
  • Linux/OS X 版と同じコマンド・ライン・インタフェース(CLI)
  • コンパイラ機能・オプションは、Linux 版と同じ
  • BASH シェル、vi 等を含んだ、Windows 用の UNIX / Linux 互換のビルド・エディット環境
  • make, tar, gzip, sed, grep等の 100 以上のシェルコマンドを使用できる Bash シェル環境
コード
GPU対応
コンパイル機能
  1. OpenACC コンパイラ機能(Fortran/C言語)
  2. PGI CUDA Fortran 機能
Microsoft®
環境との互換性
  • Microsoft(R) Open Tools (ライブラリ、リンカー、アセンブラ)を利用した Windows ネイティブな構築環境
  • Microsoft MPI library (MSMPI) とのリンク可能(-Mmpi=msmpi オプションで可能)PGI 13.2以降にパッケージ内にバンドル
主な特長
  • AMD64 並びに intel64 の双方に最適化された単一の実行モジュール生成 (PGI Unified BinaryTM 機能)
  • AMD64/intel64 プロセッサに最適化されたコード生成
  • ネイティブな OpenMP 並列化機能とマルチコアに対応する自動並列化機能、OpenMP 3.1 規格対応
  • Customized OpenBLAS project sourceに基づいた BLAS/LAPACK ライブラリ(64bit用のみ)
  • (並列 MSMPI/OpenMP 対応)シンボリック・デバッガを付属
  • (OpenACC /OpenMP 対応)性能解析プロファイラを付属
  • 業界をリードする優れた性能を提供
  • 製品は、ダウンロード版形式での販売

Windows®上での PGI Workstation コンパイル・開発環境

 Windows®版の PGI コンパイラの概要を簡単に説明いたします。

 PGI ソフトウェアのインストールが終了し、システムを再起動した後、デスクトップ画面上に、「PGI Workstation」と言う起動アイコンが現れます。次に、このアイコンをクリックすると、以下のような PGI コマンド・プロンプト(ウィンドウ)が現れます。PGI コンパイラを使用するためには、このウィンドウの中で PGI コンパイラのコマンドを使用します。なお、ウィンドウ内では、全て Linux と同じコマンドを使用する仕様となっております。
 PGI Professional for Windows® は、いわゆる Visual C++, Visual Fortran 等の「統合開発環境」ではなく、「コマンド・ライン・インタフェース (CLI) 」による Linux と同じコマンド・ベースで使用するコンパイラであることにご注意ください。この CLI は、Windows 上での Linux GNU 開発環境である「cygwin」のシェル環境のみのサブセットを利用し、これが自動的にインストールされております。なお、コマンド・ライン・インタフェースは cgwin の bash 環境を使用しますが、システムのヘッダーファイル、ライブラリ、リンカー等は、ネイティブな Microsoft® Open Tools を使用します。

Windows I/F

 

 本製品の言語パッケージの種類、ライセンス形態の詳細につきましては、「コンパイラ製品の概要」をご覧ください。また、各言語バンドル製品の機能詳細については、以下の表の製品名リンクをご覧ください。なお、以下の表は、ノードロックタイプの PGI Workstation 製品についてのみ表しましたが、PGI Server 製品の場合も同様な機能を有します。

Windows 版 PGIコンパイラ製品のバンドル内訳

言語、ツール、IDE GPGPU
アクセラ
レータ
PGIコンパイラ製品 F77 F03 C11 DBG PROF GPU用compiler
PGI Professional Edition
Network Floating, Fortran/C ● ● ● ● ● ●
Node-locked, Fortran/C ● ● ● ● ● ●
Node-locked, Fortran ● ● ● ● ●

(注意)Visual Studio への統合化できる PGI Visual Fortran(PVF)ソフトウェアの提供は終息しました

Windows®版における注意事項、制約事項

 ご購入前の確認事項として、本製品には以下の制約事項がありますので、以下の点をご留意の上、ご購入ください。

  • Windows(R)対応製品は、64 ビット Windows 上で利用可能な「64ビット製品」となります。
  • そのライセンスは、64 ビット Windows のシステム上でご利用になれます。
  • 「32ビット専用ソフトウェア」は、含まれておりません。
  • 本製品は、「英語版」の製品です。付属する MPI/OpenMP 対応デバッガ並びにプロファイラ等の GUI ベースの PGI tools のメニュー等は「英語表示」となっております。
  • PGI コマンド・プロンプト内で使用するコマンドは、UNIX/Linux の BASH シェル環境で使用可能なコマンドあるいは、DOS コマンドを使用します。コマンドを使用するには、少なくとも Linux の基本コマンドの知識が必要となります。なお、PGI コンパイラ・コマンド、オプションの使用法に関しては、Linux 版製品と同じとなります。
  • 本製品に含まれる「cygwin」ソフトウェア環境は、BASHシェル環境とユーザレベルでよく使用される 100 以上の Linux コマンドからなるサブセット環境です。Linux ヘッダーファイル等を網羅した全ての「cygwin」ソフトウェア環境を提供していませんのでご注意ください。システムのヘッダーファイル、ライブラリ、リンカー等は、Microsoft® Platform SDK のサブセットである、Windows Open Tools 環境を使用します。

(注意)
  • 64ビット Windows版の PGI コンパイラでは2GB以上の単一オブジェクトを扱うことができる Linux上の -mcmodel=medium オプション等価な機能を提供しておりません。これは、Microsoft® Win64 プログラミング・モデルが、2GB を超える「静的な単一データオブジェクト」のハンドリングをサポートしていないためです。従って、2GB を超える「静的」配列を扱うようなプログラムでは、実行モジュールを生成できません。たとえ Windows® 64ビット版であっても、2GB を超える単一配列オブジェクトがプログラム上に存在する場合、静的な配列宣言はできず、動的な配列宣言(Allocatable 配列宣言)を行う必要があります。これは、PGI コンパイラの制約ではなく、Win64 プログラムモデルの問題です。従って、2GB 以上のデータオブジェクトを扱うプログラムをコンパイルする場合は、現在のところ、このような制約がない Linux 版の方が適しています。
    ※ 静的な単一配列オブジェクトとは、具体的に言えば、Fortran では、COMMON 文宣言、ルーチン内でローカルに宣言された配列であっても、その総和が 2GB を超えるもの(メモリマップ上、シングルセクション上に割り付けられる)、C 言語では、STATIC 宣言された配列等が相当します。なお、Fortran の allocatable 宣言された配列は 2GB 以上であっても問題なく実行モジュールを生成できます。
     Windows x64 (Win64) は、64ビットのアドレス空間は使用できるものの、そのプログラミングモデルにおいては、上記のとおり 単一の静的データあるいはデータセクションのサイズが、2GB 以内に制限されております。従来の静的宣言された配列の多いプログラムでは大きな制約となり、2GB 以上使用するプログラムではリンケージでエラーとなるケースが出てきます。この制約は、コンパイラの問題ではなくWin64 上の共通の制限ですので、フルに 2GB 以上の個別データ領域を使用するプログラムをコンパイル・実行したい場合は、「Linux」でのコンパイル・実行環境を強く推奨します。

本製品にバンドルされている PGI ツールの概要

 PGI コンパイラ製品には、以下に示す GUI 対応の MS-MPI/OpenMP 対応並列デバッガ(PGDBG) 並びに、OpenMP 対応 性能プロファイラ(PGPROF)が付属します。これらのユーティリティは、PGI Linux 版等と同じ機能を有します。

MS-MPI/OpenMP対応並列デバッガ(PGDBG)のスクリーンイメージ

OpenMP対応並列プロファイラ(PGPROF)のスクリーンイメージ

Windows®版の動作環境・システム要件

動作環境・システム要件

mark対応プロセッサ

mark対応GPU(PGIアクセラレータコンパイラ対応)

mark 推奨オペレーティングシステム

mark メモリ容量

  • 512MB 以上

mark ハードディスク容量

  • 1.5MB以上 (インストール時には一時的に 2GB以上の空き領域が必要になります)

mark 周辺機器、その他

  • GUIの使用時、マウスあるいは互換性をもつポインティング・デバイス。オンライン・ドキュメンテーションを閲覧するためのウェブ・ブラウザおよびAcrobat Reader。

※PGI コンパイラ製品は、「ダウンロード版」のみの販売となります。ライセンス証書並びに「日本語インストール関連のドキュメント」での納入になります。

※本ページに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。