PGIトップ › PGI コンパイラの概要 › PGI Community Edition 概要

ソフテックは、PGI 製品の公認正規代理店です

PGI Community Edition

comm_edition mark

 PGI Community Edition は、マルチコア CPUs と NVIDIA tesla GPUs を対象とした NVIDIA 社の PGI Fortran、C、C++ コンパイラの新しいリリースを無償で利用できるライセンス・ソフトウェアです。コンパイラ機能には、OpenACC、OpenMP、CUDA Fortran の機能も含まれ、有償製品である PGI Professional 製品に含まれる機能が使用できます。言語コンパイラには、CPU 用の最適化コンパイル機能と NVIDIA GPU アクセラレータ用のコンパイル機能の両方が含まれております(但し、macOS(OS X) 版は、CPU用のコンパイル機能のみの提供)。CPU 用のコンパイル機能だけを使用することも出来ます。本エディションを無償で利用することにより、広く利用されている並列プロセッサやシステムに対して共通のソース・コードを有した性能互換性のある HPC アプリケーションを開発することができます。

提供コンパイラ
  • PGI Accelerator Fortran, C, C++ コンパイラ & ツール(CPU用コンパイラ+GPU用コンパイラ)
  • コンパイラ機能は、有償版 PGI Professionalと同じ内容を提供
  •  ・Linux/Windows 版は CPU用コンパイラ機能ならびにGPU用コンパイラ機能を提供
  •  ・macOS(OS X) 版は x86 64bit-CPU用コンパイラのみ提供、GPU用コンパイラ機能はなし
  •  ・Windows 版(コマンドラインインタフェース) PGI 17.4 ベースでリリースしました NEW!
対応する
プラットフォーム
  • Linux x86-64, Linux OpenPOWER, Windows64, macOS(OS X)
  • Windows 64bit版 PGI 17.4 ベースでリリース開始
  • Windows 版の PGI Visual Fortran の無償版の提供の予定はありません
利用出来る人
  • 誰でもダウンロードして PGI Community Edition を利用出来ます。なお、ダウンロード時点で、ライセンス使用許諾に同意したものと見なします
ライセンス形式
  • 各リリースの度に、1年間、利用できるライセンスです。永続ライセンスではありません
  • ダウンロードした日からではなく、当該リリース日から1年間の使用期限が設定されています
  • インストール1台(ノード)毎に使用する形態。ネットワークフローティング形式はありません
  • 【FAQ)】 ライセンスが切れた後、使い続ける方法は?
バージョンアップ
の頻度
  • 1 年間に 1~2 回のバージョンアップ(6ヶ月おき)を予定
古いバージョン
の使用
  • その時点でリリースされている Community Edition のバージョンしか公開されません
  • 古い Community Edition バージョンは、削除されダウンロードできなくなります
  • PGI Professional リリースの以前のバージョン(アーカイブ)にもアクセスできません
  • 古い、以前のバージョン、あるいは、過去の特定リビジョンを使用したい場合は、
    PGI Professional をご購入ください
技術サポート
  • e-mail 等による技術的なサポートは提供しませんので、問い合わせいただくことができません
  • Web 上の PGI User Forum(英語) へのアクセスが可能です。PGI ユーザ登録することで、forum への問い合わせ(英語)は可能となります。また、PGIサイトの技術ドキュメントも閲覧可能となります
  • 技術サポートが必要な場合は、PGI Professional ライセンス製品と当該サブスクリプションを購入いただく必要があります
製品ライセンスページへ
Download & Instruction
Version 17.4
(Released April 30, 2017)

PGI Community Edition FAQ

Q: PGI Community Edition とは何ですか?
A: PGI Community Edition は、無償の PGI Fortran, C, C++ コンパイラとツールのリリース・エディションです。このソフトウェアは、全ての OpenACC、OpenMP、CUDA Fortran 機能を含んだ、マルチコア CPU 用と NVIDIA GPUs 用のコンパイラ・ソフトウェアです。これには、CPU 用の最適化コンパイル機能と NVIDIA GPU アクセラレータ用のコンパイル機能の両方が含まれております(但し、macOS(OS X) 版は、CPU用のコンパイル機能のみ提供)。なお、32bit OS 用のコンパイラは含まれておらず、64ビット OS 用のみの提供となります。なお、CPU 用のコンパイル機能だけを使用することも出来ます。PGI Community edition を無償で利用することにより、広く利用されている並列プロセッサやシステムに対して共通のソース・コードを有した 性能互換性のある HPC アプリケーションを開発することができます。
Q. PGI Community Edition compilers and tools をどのようにして入手出来ますか?
A. インストールパッケージを pgroup.com/community サイトからダウンロードすることができます。
Q. PGI Community Edition は、アカデミック(教育機関)ユーザだけが利用出来るのですか、それとも誰でもダウンロードして利用出来るのですか?
A. ライセンス使用許諾に同意していただくことで、誰でもダウンロードしてPGI Community Edition compilers and tools を利用出来ます。もちろんこの中には、教育機関や一般企業、政府官公庁等の研究機関のユーザだけでなく、個人としての利用も含まれます。
Q. PGI Community Edition ライセンスと有償の PGI ライセンス製品との違いは何ですか?また、どのような制限がありますか?
A. 個々の PGI Community Edition(“CE”) は、当該リリース日から 1 年間有効なライセンスとしてリリースされます(ダウンロードした日から1年間という意味ではありません)。 常に、その時点でリリースされている CE バージョンだけが公開され使用できます。次の新しい CE のバージョンがリリースされると、以前のリリース・バージョン(CE のアーカイブ)は公開されません。 一方、全ての有償の PGI ライセンス 製品には、永続ライセンスが付与されています。 すなわち、ライセンス使用許諾に基づいて、利用可能なリリース・ソフトウェアを「永続」に使用できます。
Q. PGI Community Edition license の使用有効期間が過ぎた場合、どのように対処したら良いでしょうか?再度、新しいの Community Edition ライセンスを得て使用するのか、あるいは、1年間、無償で使用した後、製品を購入する必要があるのでしょうか?
A. PGI Community Edition(“CE”) コンパイラは、以前に使用していた有効期限が過ぎた CE ソフトウェアを最新の CE ソフトウェアにバージョンアップ(再インストール)することによって、無償で、かつ継続する形で使用することができます。但し、バージョンアップ(再インストール)の作業が必要となります。
Q. PGI Community Edition(“CE”) ライセンスでコンパイルした executable は、当該 CE の使用有効期間が過ぎると実行出来なくなりますか?
A. いいえ、PGI Community Edition でコンパイルして生成した executable はライセンスが失効後も動作します。
Q. PGI Community Edition の新しいバージョンは、どの位の頻度でリリースされますか?
A. 現時点の予定では、1年間に 1~2 回の頻度で、新しいバージョンをリリースすることを考えています。
Q. PGI Community Edition は、Linux あるいは、 Windows あるいは、OS X のどの版がリリースされますか?
A. PGI Community Edition は、x86 Linux 用、Win64、OpenPOWER Linux 用と macOS(OS X) 用がリリースされています。Windows版の PGI Visual Fortran の無償版はリリースの予定はありません。なお、macOS(OS X) 版には、 NVIDIA GPU アクセラレータ用のコンパイル機能は含まれておりません。x86 CPU 用のコンパイル機能のみの提供となります。
Q. PGI Community Edition は、 x86 CPU 用ならびに OpenPOWER CPU 用のソフトウェアの両方をリリースしていますか?
A. はい、x86(x64) の CPU 用と OpenPOWER の CPU 用の両方のプラットフォーム用のエディションを提供します。
Q. PGI Community Edition は、ARM CPU 上で使用できますか?
A. いいえ、ARM プロセッサ上では使用できません。
Q. PGI Community Edition は、有償の PGI 製品が提供する全ての同じ GPU アクセラレータ・コンパイル機能を含みますか?
A. はい、含みます。OpenACC や CUDA Fortran と言った GPU アクセラレータ・コンパイル機能も有償の PGI 製品版のものと全く同一のものを提供します。
Q. PGI Community Edition は、OpenACC プログラムをマルチコアCPU上で動作する機能や OpenMP コンパイル機能を含みますか?
A. はい、含みます。OpenACC for multicore CPU 機能を含み、また、OpenMP 機能も有償の PGI 製品版のものと同じです。
Q. PGI Community Edition で作成した OpenMP あるいは OpenACC の executabele によって使用される CPU プロセッサの数あるいはコア数の使用制限はありますか?
A. ありません。
Q. PGI Community Edition で作成した OpenACC あるいは CUDA Fortran の executabele によって使用される NVIDIA GPU CUDA コア数の使用制限はありますか?
A. ありません。
Q. PGI Community Edition のコンパイラは有償の PGI 製品版の最適化機能と同じレベルですか?また、自動並列化機能もサポートしますか?
A. はい。最適化機能は、SIMD ベクトル化機能や自動並列化機能も含み、有償の PGI 製品版のもの同じものです。
Q. PGI Community Edition では、PGPROF プロファイラと PGDBG デバッガのツール群も提供されますか?
A. はい、x86 プラットフォーム用では、PGPROF and PGDBG の両方が提供されます。また、OpenPOWER プラットフォーム版では、PGPROF のみ提供されます。したがって、OpenPOWER プラットフォーム上では PGDBG デバッガは利用出来ません。
Q. PGI Community Edition はオープンソース製品ですか?
A. いえ、違います。PGI Community Edition は無償で使用できますがオープンソース製品ではなく、使用において NVIDIA 社のライセンス使用許諾の同意が必要となるソフトウェアです。
Q. 有償である PGI 製品ライセンスでは、どのような機能の追加や利便性が提供されますか?
A. 有償版である PGI Professional 製品ライセンスには、購入時点、あるいはその時点以前にリリースされたソフトウェア(アーカイブリリース)を使用するための「永続使用ライセンス」が付加されています。そして、サポートサービス(サブスクリプション)を追加で支払うことにより、その有効期間においてリリースされる最新のバージョンも使用することができます。こうしたアップデート・リリースは、一年を通して 6 回~ 9 回行われます。製品ライセンスの購入の他に、サポートサービス(サブスクリプション)を購入することにより、PGI Community Edition より先に、新しい機能やバグフィックスの提供、さらに実際の技術サポートを得ることができます。
Q. PGI Community Edition compilers or toolsを使用する上で、問題が発生した時にどのような支援体制がありますか?
A. PGI Community Edition に対するソフテックからの無償ならびに有償を含めた一切の技術サポートは提供いたしません。ただし、PGI アカウントを取得した登録ユーザは、PGI User Forums に、「英語」で投稿してサポートを請うことができます。PGI アカウントは https://www.pgroup.com/account/register.php から誰でも取得出来ます。
Q. PGI Community Edition ライセンスを使用していて、技術的なサポート(サブスクリプション)を受けたい(購入したい)場合は?
A. まず、有償である PGI ライセンス 製品の永続ライセンスを購入する必要があります。また、実際の技術サポートを受けるために必要な 1 年間有効のサポートサービス(サブスクリプション)も購入してください。なお、PGI Community Edition ライセンスには、弊社からの一切の「技術サポート」の提供はありませんので予めご了承ください。
Q. 私は、すでに PGI の有償ライセンス(旧製品含む)と当該サブスクリプションを購入しています。この他に PGI Community Edition を利用することができますか? また、今持っている有償ライセンスを PGI Professional に変更、あるいはアップグレードする必要がありますか?
A. 現在有している有償ライセンスと同じように PGI Community Edition も使用することができます。しかし、両方を同じシステム上で使用することはお勧めしません。また、今持っている有償ライセンスは、 PGI Professional に変更、あるいはアップグレードする必要はありません。今後も、現在の保有ライセンスに対応するサブスクリプションを引き続き購入して、現ライセンスを使い続けることができます。
Q. 私は、PGI Community Edition コンパイラを使っていて、技術サポートを得るために、さらに、 有償の PGI 製品版ライセンスもサブスクリプション付で購入しました。この場合、同じくインストールされているソフトウェアを使用することが出来ますか?あるいは、再度インストールをし直す必要があるのでしょうか?
A. PGI製品版ライセンスを購入した際、実際に実施することは、基本的に新しい永続ライセンスキーを取得して、現在、使用しているライセンスキーを入れ換えることと、ライセンスマネージャの起動の作業のみです。PGIソフトウェアの再インストール作業は必要ありません。実装されている PGI Community Edition ソフトウェア自体をそのまま使用することができます。もし、PGI Community Edition のリリースバージョンよりも新しい有償バージョンが存在し、最新版を使用したい場合は、新しいリリースをインストールする必要があります。
Q. クラスタシステムのヘッド・ノード(マスタノード)上に PGI Community Edition をインストールして、組織内の複数のユーザでコンパイラを使用することはできますか?
A. 可能です。ただし、コンパイルを使用する際には同時1名のコンパイル環境となります。また、この場合、「組織内のユーザ」だけで使用しなければなりません。