PGIトップ › PGI技術情報・TIPS › コンパイラ・オプション

ソフテックは、PGI 製品の公認正規代理店です

PGI コンパイラ・オプションの使用法(弊社お客様専用)

support

PGI の F77, F2003, C, C++ に共通なコンパイラ・オプションを一覧としてまとめました。オプションの意味をクイックに調べたい時に有用です。また、本ページの下段では、よく使用するコンパイラ・オプションを利用目的別に整理しました。

【コンパイルオプション一覧】

Copyright © 株式会社ソフテック

PGIコンパイラとツールのコマンド名

コンパイラ/ツール 言語、ツール内容 コマンド名
FORTRAN77 FORTRAN77専用コンパイラ pgf77
Fortran Fortran77/Fortran90/Fortran95/Fortran2003 コンパイラ
(F2008一部取込)
pgfortran
pgf95
pgf90 のいずれか
C ANSI C11 コンパイラ pgcc
PGI C++ ANSI C++03 コンパイラ(cfrontと互換性あり)
PGI 2016 以降、本コマンドコンパイラは廃止されたため、
Windows 版には C++ コンパイラの提供はありません
pgCC or pgcpp
PGI16.1以降廃止
C++
GNU 4.8~8.1 ABI互換
(Linux & OS X only)
ANSI C++14 コンパイラ(GNU C++ ABI 互換コンパイラ)
PGI 13.1 以降、Linux上では pgc++ コマンドを推奨する
PGI 15.1 以降、OS X 上でもサポート
pgc++
PGI Debugger MPI/OpenMP 並列対応ソースコードデバッガ pgdbg
PGI Profiler OpenACC/CUDA Fortran/OpenMP 並列対応性能解析プロファイラ pgprof

【PGIコンパイラの使用ガイド】

PGI Complier & Tools 使用ガイド 使用法・チュートリアル(日本語)
copyright © 株式会社ソフテック

PDF file

【重要なお知らせ】
 PGI 2016 以降、Linux、OS X、Windows において、従来から使用してきました pgcpp(pgCC) コマンドによる C++ コンパイラは廃止されました(終息)。なお、Linux 並びに OS X 用製品に関しては、PGI 2015 より並行に提供してきました pgc++ コマンドによる C++コンパイラが今後のデフォルトコンパイラとなります。明示的に、pgc++ コマンドをお使いください。pgc++ コンパイラは基本的に、ほとんどの言語機能とオブジェクト(ABI互換)に関して GNU C++(g++) のものと互換性を有します。但し、pgc++ と g++ のコマンド・オプションに関しては互換性がありません。従来の pgcpp(pgCC) コマンド・コンパイラは、Linux、OS X、Windows版を含め、 PGI 16.1 以降、全て廃止されます。
  これに伴い、Windows 版の C++ コンパイラ処理系自体が、PGI 2016 以降、製品として廃止され、Windows 版に関しては、C 言語コンパイラと Fortran コンパイラをバンドルした製品と Fortran 単独製品の二つの提供となりました。PGI 16.1 以降の PGI Fortran/C 製品ライセンスを購入いただいた場合でも、Windows 版 C++ コンパイラを使用したい場合は、旧 PGI 15.10 をインストールしていただきますと、旧バージョンのコンパイラを使用することができます。
 一方、Linux ならびに OS X 版の C++ コンパイラに関しては従来通り、GNU ABI 互換の C++ コンパイラとして、PGI 2016 以降も継続してご提供してまいります。
PGI製品のお求めは、米国 PGI と 25 年以上に及ぶ強力なパートナーであるソフテックへ

利用目的別 PGIコンパイラ・オプションのクイック・ガイド

ドキュメント

一般にコンパイルを使用するときの最適化オプションを説明しています。PGI コンパイラを使って実行モジュールが、最速になるように最適化する一般的なオプションの説明です。

情報

64ビット環境での2GB 以上のプログラムをコンパイルする際のオプションを説明しています。また、64 ビット環境でのよくあるトラブルについても説明しています。

ドキュメント

コンパイルの実行状況、最適化情報、警告情報、並列化の適用情報等のメッセージを出力するためのオプションを説明しています。

情報

自動並列化を行う際のオプションと OpenMP 仕様 のプログラムをコンパイルする際のオプションを説明しています。

ドキュメント

プログラムのオブジェクトをリンケージする際に有用なオプションを説明しています。

情報

性能解析プロファイラ PGPROF を使用する場合のコンパイル・オプションの例を説明しています。

ドキュメント

プログラムを開発する際によく使用するオプションを纏めました。特に、浮動小数点演算の制御等のオプションについて説明しています。

情報

シンボリック・デバッガ PGPDBG を使用する場合のコンパイル・オプションの例を説明しています。

ドキュメント

PGIコンパイラをインストールしたマシン以外で、実行モジュールを動かす際に、別のマシンのCPU特性に応じた最適化を施したモジュールを作成できます。(クロスコンパイル機能)

情報

PGI コンパイラにバンドルされているMPIライブラリを使用して、コンパイル、リンク、実行、MPI 並列デバッガの起動、プロファイラの起動方法について説明しています。

ドキュメント

演算を GPU 上で行うために、OpenACC ディレクティブによって開発されたプログラムをコンパイルする際のオプションを説明します。

情報

PGI Accelerator™ コンパイラ製品に付属するPGI CUDA Fortran プログラムをコンパイルする方法と device kernel プログラムをエミュレートモードでデバッグする方法を説明します。