PGIトップ › PGI Community Edition › PGI Community Edition の導入方法

ソフテックは、PGI 製品の公認正規代理店です

PGI Community Edition(無償版) の導入方法

QUESTION

PGI Community Editionソフトウェア・ダウンロードに関して

PGI Community Edition ソフトウェアのダウンロードは、米国 PGIの「PGI Community Edition」サイトから行ってください。当該ライセンス・キーは取得する必要はありません。インストール時に、license.dat は所定の場所に実装されます。

PGI Community Edition をインストールする前に、各プラットフォーム、事前にインストールしておくソフトウェアがあります。以下に記載されたソフトウェアを予め実装してから、PGI Community Edition をインストールして下さい。

無償版 PGI Community Edition を利用する場合の注意
「技術サポート」のないエディションのため、インストール等を含めた「技術的な質問」には一切お答え出来ませんので、予め、ご了承の上、ご利用下さいますようお願いいたします。

PGI Community Edition の導入

STEP 1 : ソフトウェアのダウンロード

PGI Community Edition ソフトウェアのダウンロードは、米国 PGIの「PGI Community Edition」サイトから行ってください。

 

STEP 2 : PGIソフトウェアのインストールのための事前準備

PGI Community Edition ソフトウェアをインストールするに先立ち、各プラットフォーム上で準備しておく必要のあるパッケージの導入について纏めております。以下にその説明するページのポインタを示します。

Linux版 導入のための準備と注意事項

 (1) 予め Linux上で必要な GNU ソフトウェアパッケージの追加

 (2) Linux Standard Base(LSB) パッケージの追加

 (3) インストール手順(簡易版)

Windows版 導入のための準備と注意事項

「Visual Studio 2017 のインストール方法」のインストラクションを参考にして、 Windows 10 SDK と Visual Studio 2017 with Visual C++ を PGIソフトウェアをインストールする前に、必ず、実装して下さい。

    • Windows 10 SDK は、 Visual Studio 2017 をインストールすると同時に実装されます
    • Visual Studio 2017 の community, professional, enterprise のいずれかのエディションをインストールして下さい。「Visual Studio 2017 のインストール方法」のインストラクションを参考にして実装して下さい。

OS X版 導入のための準備と注意事項

 (1) OS X 用 Xcode 開発環境の事前準備

 (2) インストール

    • ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行することにより、ウイザードが現れ、それに沿って作業を実施してください。

GPUアクセラレータ用 NVIDIA CUDA環境の事前準備

STEP 3 : ライセンス・キーについて

PGI Community Edition 用のライセンスキーを以下の要領でセットして下さい。なお、使用できるライセンスの期間は、ダウンロードした PGI Community Edition のバージョンが「リリースされた日から1年間」となっております。ライセンス期間が切れた場合は、再度、新しいPGI Community Edition をダウンロードしてインストールを行ってください。

ライセンスファイルは PGI ソフトウェアをインストールしたトップ・ディレクトリの直下に存在します。Linuxの場合、/opt/pgi 配下に license.dat あるいは、すでに、license.dat と言うファイルが存在する場合は license.dat-COMMUNITY-19.4 (2019年4月版の場合)と言う名前で実装されます。この場合は 当該ファイルを license.dat ファイルに(上書き)コピーして下さい。Windows の場合は、C:program files\PGI 配下に license.dat が実装されます。macOS の場合は、/opt/pgi/license.dat と言う名前で実装されます。

Community Edition 用のライセンスは、FLEXlm ライセンス管理ソフトウェアのセット並びに起動は必要ありません。license.dat を所定の場所にセットするだけで、利用できます。

以下の場所に license.dat をセットします。なお、Linux、OS X 上での license.dat のファイル・パーミッションは、read パーミッションが付加されていることを確認してください。

  • Linux 版:  /opt/pgi
  • macOS 版: /opt/pgi
  • Windows 版: C:\Program files\PGI

Linux 版の場合は、PGI 関係の環境変数をユーザシェル環境にセットした上でご利用いただけます。

macOS 版の場合こちらの資料をご覧ください。

STEP 4 : コンパイルしてみよう

Fortran、C、C++コンパイラを使用する際のコマンド名と、一般的に使用するオプションについては、以下のページをご参照下さい。

PGIコンパイラの一般的に使用する最適化オプションについて

PGI コンパイラ・コマンド一覧・オプションの使用法

PGI User Forums

PGI 個人アカウントの取得方法