PGIトップ › PGIアカウントの取得 › 管理権限の取得(変更)方法

ソフテックは、PGI 製品の公認正規代理店です

PGIライセンス管理権限の取得(変更)方法

QUESTION

 PGI 製品のライセンスキーの新規取得、ライセンスキーの変更、ライセンスキーの取消し等の操作は、購入したライセンスの管理権限を有した Webアカウント上で可能です。新規にご購入の場合は、購入時に登録いただいたお客様の e-mail アドレス名が、そのまま、PGI の Webアカウント名となります。しかしながら、登録いただいたe-mail アドレスが誤っていた場合、誤った webアカウント名が自動的に作成され、お客さまは、このアカウントの「有効化(activation)」ができません。この場合は、新規に正しい e-mail アドレスによる webアカウント作成し、これに購入ライセンスの管理権限を移すことが必要となります。
 一般に、ライセンス購入者は自動的にWebアカウントが作成されており、この上で、ライセンスの管理ができるようになりますが、他のアカウント上でもライセンス管理ができるようにすることが可能です。これは、ライセンスの管理権限を別の人の Webアカウントに「タイアップ(結合)」することで実現します。こうした場合、新規にタイアップされたアカウントで、共同でライセンスを管理することが可能となります。

以上のような目的で、「PGI ライセンスの管理権限を別のアカウントにタイアップすること」が行われます。この方法について説明します。ここでは、以下のような状況を想定したライセンス管理権限の移行、あるいは取得の方法を説明します。購入者(登録ユーザ)以外の方が、ライセンスキーの管理をしたい場合にも以下の方法が適用できます。

  1. 商品を購入後、ユーザ証書の中に記載された「登録 e-mail アドレス」の誤っていた場合、新規に Web アカウントを作成し、このアカウントにライセンスの管理権限を移す場合
  2. 購入後、登録した Webアカウントでログインしたが、購入したライセンスの PIN がタイアップされていない場合(この場合は、以下の STEP2 から実行してください)
  3. 購入者(登録ユーザ)以外の方が、ライセンスキーの管理をしたい場合(本来の登録ユーザは管理権限は失わず、別のアカウントにも管理権限が追加され、共同で管理できる形となる。)

ライセンス管理権限の取得(変更)

STEP 1 : 新しいWebアカウントの作成(必要な場合のみ)

 まず、最初に新しい Web アカウント(e-mail アドレス名による)を作成してください。なお、すでに、ご自身の Webアカウントを過去に取得している場合は、新たに作成する必要はなく、以下の手続きでは、所有している Web アカウントを使用します(この場合は、STEP 2へお進みください)。

 購入ライセンスを特定の Web アカウントにタイアップするために、そのライセンスの PIN code (xxxx-xxxx-xxxx-xxxx) が必要です。予め、弊社が発行した「エンドユーザ様ご登録書(ライセンス証書)」をご用意ください。以下の図は、弊社提供の「エンドユーザ様ご登録書(ライセンス証書)」の一部抜粋です。この中に PIN CODE が記載されています。

ライセンス証書

STEP 2 : ライセンスの管理権限を取得する(タイアップの方法)

 PGI 顧客サポート・サイトにログインします。Webブラウザにて、下記PGI のサイトにアクセスして、お客様個人用の Web アカウントID とパスワードを入力してください。

https://www.pgroup.com/webuser/login.php

 ログイン後に現れる初期メニュー画面の中の “Tie a PIN to this account” をクリックします。 その後、次に現れる画面で、ライセンス権限を得たい当該ライセンスの PIN code を入力します。この PIN codeは、弊社が発行した「エンドユーザ証書(ライセンス証書)」の中に記載されております。「エンドユーザ証書(ライセンス証書)」は、ご購入いただいたお客様には、必ず送付しております。

 PIN codeを入力することで、この Webアカウントに当該ライセンスの管理権限をタイアップすることができます。

STEP 3 : タイアップしたライセンスPINの確認

 STEP 2 にて、管理権限を得た ライセンスを確認するためには、初期メニューの中の「Manage PGI products」をクリックしてください。このアカウントで、管理できるライセンスの一覧が表示されます。この中に、タイアップしたライセンスが存在することを確認してください。以上の操作によって、今後、当該ライセンスの管理ができるようになります。ライセンスキーの取得方法に関しては、こちらのページをご参照下さい