動作環境


システム要件

SIDfm VMをご使用になるには、下記の環境が必要です。

VMサーバ
オペレーティングシステム (OS) Red Hat Enterprise Linux 7 / 8
CentOS 7
Ubuntu 18.04 LTS
データベース PostgreSQL 10 以上
ストレージ 100GB 以上
メモリ 4GB 以上 (500ホスト、50名程度利用の場合は、8GB以上を推奨)
CPU コア数2コア 以上 (500ホスト、50名程度利用の場合は、4コア以上を推奨)
VMエージェント
オペレーティングシステム (OS) Amazon Linux 2 (*)
Red Hat Enterprise Linux 5 / 6 / 7 / 8 (*)
CentOS 5 / 6 / 7 (*)
Ubuntu 14.04 LTS / 16.04 LTS / 18.04 LTS (*)
Debian GNU/Linux 8.0 / 9.0 (*)
Microsoft Windows 10 (**)
Microsoft Windows Server 2008R2SP1 / 2012 / 2012R2 / 2016 / 2019 (**)
(*)ruby, openssl, unzip, curlパッケージがインストールされていること
(**)PowerShell 3.0 以上がインストールされていること
動作方式 非常駐型 (*)
(*)インストールされる環境により、systemd-timer(systemd環境のLinux)、cron(systemd環境以外のLinux)、タスクマネージャ(Windows)のいずれかにより定期実行されます。
動作タイミング 1日1回(動作時間の指定は可能)
動作要件 ホスト情報を自動的にVMサーバに反映させるには、VMエージェントをインストールしたホストから、VMサーバをインストールしたホストへ、httpもしくはhttpsでの通信が行える必要があります。(*)
直接通信できない場合、jsonファイルとしてホスト情報を出力し、VMサーバのUIからそのjsonファイルを読み込む形での反映方法が用意されています。
(*)HTTP Proxyサーバにも対応しています。Proxy認証はBASIC認証のみに対応しています。
インストール・動作権限 root権限(Linux)
Administrators権限(Windows)
提供形式 rpmパッケージファイル(Red Hat Enterprise Linux系のLinux)
debパッケージファイル(Ubuntu/Debian)
tarballファイル(Linux、オフラインデータ取得等で使用)
zipファイル(Windows)(*)
(*)zipファイルを展開するツール(7zip等)が必要です。Windows内蔵のzipフォルダ機能では正しくインストールできません。
収集対象 OS情報、パッケージ情報、一部のパッケージ管理外のソフトウェア情報(Linux)
OS情報、未適用パッチ情報、インストール済ソフトウェア情報(Windows)
備考 Linux版VMエージェントは、パッケージ管理外のソフトウェア情報を取得するため、ファイルシステムを探索して特定のファイル名のファイルの走査を行います。
Windows版VMエージェントは、未適用パッチ情報をWindows Update Agentから取得しています。

ブラウザ要件

SIDfm VMがをサポートしているブラウザは以下の通りです。

ブラウザ Google Chrome 最新版
Mozilla Firefox 最新版
※ブラウザ画面の印刷は推奨しません
Microsoft Edge 最新版
※ブラウザ画面の印刷は推奨しません
Apple Safari 最新版
※ブラウザ画面の印刷は推奨しません