メール設定のプリセット詳細


メール設定のプリセットは、よく利用されるメール内容を予め設定したものです。設定したいメールに近いプリセットを元に、カスタマイズして利用することができます。

メールのプリセット一覧

[No.1] 条件に適合したホストの一覧(最大10件)を送信する(データが存在しない場合、メールを送信しない)

項目 内容
件名 %RULE_NAME%の条件に適合するホストの一覧
メール本文 ルール %RULE_NAME% の条件に適合するホストは以下の通りです。
対象ホスト数: %HOST_MATCH:C% 件
ホスト一覧(最大10件):
%HOST_MATCH:T10%
データの指定 ホスト一覧
プリセットを使用可能な
タイミングの設定
「毎日実行-時間指定」または「定期実行-間隔指定」

[No.2] 条件に適合したホストの一覧(最大10件)を送信する(データが存在しない場合でも、メールを送信する)

項目 内容
件名 %RULE_NAME%の条件に適合するホストの一覧
メール本文 ルール %RULE_NAME% の条件に適合するホストは以下の通りです。
対象ホスト数: %HOST_MATCH:C% 件
ホスト一覧(最大10件):
%HOST_MATCH:T10%
データの指定 設定されません。
既に設定している場合は、
その設定が無効の状態(「データが存在しない場合はメールを送信しない」とあるチェックボックスのチェックが外れた状態)になります。
プリセットを使用可能な
タイミングの設定
「毎日実行-時間指定」または「定期実行-間隔指定」

[No.3] 条件に適合した脆弱性の一覧(最大10件)を送信する(データが存在しない場合、メールを送信しない)

項目 内容
件名 %RULE_NAME%の条件に適合する脆弱性の一覧
メール本文 ルール %RULE_NAME% の条件に適合する脆弱性は以下の通りです。
対象脆弱性数: %VULINFO_MATCH:C% 件
脆弱性一覧(最大10件):
%VULINFO_MATCH:T10%
データの指定 脆弱性一覧
プリセットを使用可能な
タイミングの設定
「毎日実行-時間指定」または「定期実行-間隔指定」

[No.4] 条件に適合した脆弱性の一覧(最大10件)を送信する(データが存在しない場合でも、メールを送信する)

項目 内容
件名 %RULE_NAME%の条件に適合する脆弱性の一覧
メール本文 ルール %RULE_NAME% の条件に適合する脆弱性は以下の通りです。
対象脆弱性数: %VULINFO_MATCH:C% 件
脆弱性一覧(最大10件):
%VULINFO_MATCH:T10%
データの指定 設定されません。
既に設定している場合は、
その設定が無効の状態(「データが存在しない場合はメールを送信しない」とあるチェックボックスのチェックが外れた状態)になります。
プリセットを使用可能な
タイミングの設定
「毎日実行-時間指定」または「定期実行-間隔指定」

[No.5] 条件に適合した新規登録脆弱性を送信する(データが存在しない場合、メールを送信しない)

毎日午前3時に、対策予定日が超過している脆弱性が記載されたメールを送信します。

項目 内容
件名 %RULE_NAME%の条件に適合する新規登録脆弱性の一覧
メール本文 ルール %RULE_NAME% の条件に適合する新規登録の脆弱性は以下の通りです。
対象脆弱性数: %VULSYNC_REGI_MATCH:C% 件
脆弱性一覧(最大100件):
%VULSYNC_REGI_MATCH:T100%
データの指定 新規登録された脆弱性一覧
プリセットを使用可能な
タイミングの設定
「脆弱性同期時 実行」

[No.6] 条件に適合した更新脆弱性を送信する(データが存在しない場合、メールを送信しない)

毎日午前3時に、対策予定日が5日以内に設定されている脆弱性が記載されたメールを送信します。

項目 内容
件名 %RULE_NAME%の条件に適合する更新脆弱性の一覧
メール本文 ルール %RULE_NAME% の条件に適合する更新脆弱性は以下の通りです。
対象脆弱性数: %VULSYNC_RENEW_MATCH:C% 件
脆弱性一覧(最大100件):
%VULSYNC_RENEW_MATCH:T100%
データの指定 値が更新された脆弱性一覧
プリセットを使用可能な
タイミングの設定
「脆弱性同期時 実行」

[No.7] 条件に適合した削除脆弱性を送信する(データが存在しない場合、メールを送信しない)

脆弱性同期時に、ステータスが未対策または対策中の脆弱性のうち、SRI値が「低」となっている脆弱性のステータスを「影響無」に変更します。

項目 内容
件名 %RULE_NAME%の条件に適合する削除脆弱性の一覧
メール本文 ルール %RULE_NAME% の条件に適合する削除脆弱性は以下の通りです。
対象脆弱性数: %VULSYNC_DEL_MATCH:C% 件
脆弱性一覧(最大100件):
%VULSYNC_DEL_MATCH:T100%
データの指定 ステータスが「影響無」に更新された脆弱性一覧
プリセットを使用可能な
タイミングの設定
「脆弱性同期時 実行」

[No.8] 条件に適合した登録・更新・削除脆弱性を送信する(データが存在しない場合、メールを送信しない)

脆弱性同期時に、ステータスが未対策または対策中の脆弱性のうち、CVSS値が「3.9」以下の脆弱性のステータスを「影響無」に変更します。

項目 内容
件名 %RULE_NAME%の条件に適合する登録・更新・削除脆弱性の一覧
メール本文 ルール %RULE_NAME% の条件に適合する登録・更新・削除登録の脆弱性は以下の通りです。
対象登録脆弱性数: %VULSYNC_REGI_MATCH:C% 件
対象更新脆弱性数: %VULSYNC_RENEW_MATCH:C% 件
対象削除脆弱性数: %VULSYNC_DEL_MATCH:C% 件
登録脆弱性一覧(最大100件):
%VULSYNC_REGI_MATCH:T100%
更新脆弱性一覧(最大100件):
%VULSYNC_RENEW_MATCH:T100%
削除脆弱性一覧(最大100件):
%VULSYNC_DEL_MATCH:T100%
データの指定 登録・更新・削除された脆弱性一覧
プリセットを使用可能な
タイミングの設定
「脆弱性同期時 実行」