ローカルプロダクトを作成・変更・削除する


ローカルプロダクトを新規作成する

  1. 左袖の「設定」メニュー「ローカルプロダクト設定」をクリックします。
  2. 画面左上の「新規登録」をクリックします。
  3. ローカル脆弱性登録用のモーダル画面が開きますので、各項目を入力・選択します。
    項目 内容 入力/選択の必須
    プロダクト名 プロダクトの名称です。
    優先順位 検索等によりプロダクトを表示する際、そのソーティング結果の表示時の優先順位に利用される順位です。
    例えば、ローカルプロダクト設定画面では、優先順位の順番でサマリー表にローカルプロダクトが表示されます。
    初期値は、登録されているローカルプロダクトの内の最下位になっています。
    既に登録されているローカルプロダクトと同じ順位を選択する場合は、登録時にその選択した順位以下のローカルプロダクトの順位が1繰り下げされます。
    ※例: プロダクトA、B、C、D、Eの5個ローカルプロダクトが、アルファベット順の優先順位で登録されていて、登録するプロダクトFの「優先順位」で3を選択した場合、各プロダクトの優先順位は下記の通りになります。
    → A:1、B:2、F:3、C:4、D:5、E:6
    有効/無効 有効の場合は、ローカルプロダクト設定画面以外の画面でも表示されますが、無効のプロダクトはローカルプロダクト設定画面以外の画面では表示されなくなります。
    バージョン情報 プロダクトのバージョンです。複数登録が可能です。 -
    バージョンを登録する場合

    バージョンを登録する場合は、以下の手順でバージョン情報を追加します。

    1. バージョン情報下部にある、「バージョンを追加する」の「+」マークをクリックします。
    2. バージョンを追加するための項目が表示されますので、各項目を入力します。
      項目 内容 入力/選択の必須
      バージョン バージョンを入力して下さい。
      優先順位 検索等によりバージョンを表示する際、そのソーティング結果の表示時の優先順位に利用される順位です。
      例えば、ローカルプロダクト設定画面では、優先順位の順番でサマリー表のバージョン列にバージョンの一覧が表示されます。
      複数登録が可能ですが、既に登録されているバージョンと同じ順位を選択する場合は、追加時にその選択した順位以下のバージョンの順位が1繰り下げされます。
      ※例: バージョンA、B、C、D、Eの5個のバージョンが、アルファベット順の優先順位で追加されていて、追加するバージョンFの「優先順位」で3を選択した場合、各バージョンの優先順位は下記の通りになります。
      → A:1、B:2、F:3、C:4、D:5、E:6
      有効/無効 有効の場合は、ローカルプロダクト設定画面以外の画面でも表示されますが、無効のプロダクトはローカルプロダクト設定画面以外の画面では表示されなくなります。
    3. 各項目を入力後、「バージョンを追加」ボタンをクリックします。
    4. バージョンが追加されます。追加したバージョンは、編集・削除が可能です。
      バージョンの編集方法はこちらを参照して下さい。
      尚、バージョンを追加するための入力項目は、「バージョンを追加する」の「−」ボタンで閉じることができます。
  4. 各項目の入力後、画面右下にある「登録」ボタンをクリックします。

ローカルプロダクトの変更をする

  1. 左袖の「設定」メニュー「ローカルプロダクト設定」をクリックします。
  2. サマリー表から、変更したいローカルプロダクトの「編集」ボタンをクリックします。
  3. ローカルプロダクトの編集画面が表示されます。
    変更したい項目の変更後、画面右下の「変更」ボタンをクリックします。
    尚、バージョン情報の編集方法はこちらを参照して下さい。
バージョン情報の変更をする
バージョンの変更をするには、以下の手順を行って下さい。
  1. 変更したいバージョンの「編集」ボタンをクリックします。
  2. バージョンの編集画面が表示されますので、内容を変更します。
  3. 変更が終わったら、画面右下の変更ボタンをクリックします。
バージョンの削除をするには、削除したいバージョンの「削除」ボタンをクリックします。

ローカルプロダクトを削除する

  1. 左袖の「設定」メニュー「ローカルプロダクト設定」をクリックします。
  2. サマリー表から、削除したいローカルプロダクトの「削除」ボタンをクリックします。