VM サーバをインストールする


Docker をインストールする

Docker イメージをインポートする

  1. root ユーザに昇格します。
  2. ホームディレクトリに任意のディレクトリを作成します。ディレクトリは、NFS などネットワークマウントのファイルシステム上に作成しないでください。
    # mkdir sidfmvm
  3. 作成したディレクトリに移動し、必要なファイルを以下のページからダウンロードおよびハッシュチェックを行います。
    # cd sidfmvm
    # curl -O https://www.softek.co.jp/SID/VM/trial/server/sha256sum
    # cat sha256sum
    84c0fe21c210d0a67f316c801a784525654ac35b33d16c543a8d1b407fb43591 snapshot-20190212-1-sidfmddb2.tar.xz
    0a5f8f08b0f792615dea210a1780b64b9d773e4690214262950c3912f4ee77d0 snapshot-20190226-1-scripts.tar.xz
    a30f7206f2219c242e52336dc98646914a3fbcfff29d5c0512985f497a93730f snapshot-20190228-1-vmdb.tar.xz
    6ba8dde2d5d6edf17199c1d454efeb985872a075a5d873d488724d675de2fb63 snapshot-20190410-2-sidfmd.tar.xz
    
    # curl -O https://www.softek.co.jp/SID/VM/trial/server/snapshot-20190228-1-vmdb.tar.xz
    # curl -O https://www.softek.co.jp/SID/VM/trial/server/snapshot-20190212-1-sidfmddb2.tar.xz
    # curl -O https://www.softek.co.jp/SID/VM/trial/server/snapshot-20190410-2-sidfmd.tar.xz
    # curl -O https://www.softek.co.jp/SID/VM/trial/server/snapshot-20190226-1-scripts.tar.xz
    # sha256sum -c sha256sum
    snapshot-20190212-1-sidfmddb2.tar.xz: OK
    snapshot-20190226-1-scripts.tar.xz: OK
    snapshot-20190228-1-vmdb.tar.xz: OK
    snapshot-20190410-2-sidfmd.tar.xz: OK
    プロキシサーバを経由して外部に接続している環境では、インストール前に ~/.curlrc 設定ファイルを作成し、プロキシの設定を追加します。
    proxy = "http://proxy.example.co.jp:3001"
    proxy-user = "ユーザ名:パスワード"
  4. 以下のコマンドを実行し、データを展開します。
    # xz -dc snapshot-20190228-1-vmdb.tar.xz | tar xf -
    # xz -dc snapshot-20190212-1-sidfmddb2.tar.xz | docker load
    # xz -dc snapshot-20190410-2-sidfmd.tar.xz | docker import - sidfmd:latest
    # xz -dc snapshot-20190226-1-scripts.tar.xz | tar xvf -
  5. VM のデータベースを起動します。
    # sh sidfmddb2-start.sh
  6. VM サーバを起動します。
    # sh sidfmd-start.sh

プロキシを設定する

プロキシサーバを経由して外部に接続している環境では、プロキシ設定を行います。VM サーバから SIDfm™ の運用側で提供している SIDfm™ API 及び VM ライセンス API サーバへアクセスする際に、プロキシを経由する必要のある場合に、以下のコマンドを使用して設定します。

プロキシ設定を有効にする

  1. root ユーザに昇格します。
  2. プロキシ設定を有効にします。
    # docker exec sidfmd /proxy_manage proxy enable
  3. プロキシを設定します。
    • 3-1. http と https のプロキシサーバが同じ場合
      例 : プロキシサーバが 「http://proxy.example.co.jp:3001/」 の場合
      # docker exec sidfmd /proxy_manage same_http_https enable
      # docker exec sidfmd /proxy_manage set_http_proxy proxy.example.co.jp 3001
    • 3-2. http と https のプロキシサーバで異なる設定が必要な場合
      例 : http 用のプロキシサーバが 「http://proxy.example.co.jp:3001/」、https 用のプロキシサーバが「http://aaa:bbb@proxys.example.co.jp:3002/」の場合
      # docker exec sidfmd /proxy_manage same_http_https disable
      # docker exec sidfmd /proxy_manage set_http_proxy proxy.example.co.jp 3001
      # docker exec sidfmd /proxy_manage set_https_proxy proxys.example.co.jp 3002 aaa bbb
  4. プロキシが適切に設定されているか確認します。プロキシが適切に設定されていない場合は「手順3.」を再度行います。
    # docker exec sidfmd /proxy_manage show_proxy
    Proxy Enable: true
    Proxy Same HTTP/HTTPS: true
    Proxy HTTP host: proxy.example.co.jp
    Proxy HTTP port: 3001
    Proxy HTTP user:
    Proxy HTTP pass:
  5. sidfmd を再起動します。
    # sh sidfmd-stop.sh
    # sh sidfmd-start.sh

プロキシ設定を無効にする

プロキシサーバを経由する設定を解除する手順は以下になります。

  1. プロキシ設定を無効にします。
    # sudo docker exec sidfmd /proxy_manage proxy disable
  2. HTTP の設定を HTTPS にも反映する設定を無効にします。
    # sudo docker exec sidfmd /proxy_manage same_http_https disable
  • HTTP 用の設定をクリアする場合は以下のコマンドを実行します。
    # sudo docker exec sidfmd /proxy_manage unset_http_proxy 
  • HTTPS 用の設定をクリアする場合は以下のコマンドを実行します。
    # sudo docker exec sidfmd /proxy_manage unset_https_proxy 

サーバのインストール後に行う作業

サーバのインストール作業が終わりましたら、VM にログインし、ライセンスキーの登録を行います。