Red Hat Enterprise Linux/CentOS にエージェントをインストールする


エージェントのインストール前提条件

  • HTTP Proxy の設定が必要な場合、HTTP Proxy の設定(環境変数)が予め行われていること。
  • ホストから VM サーバに対して HTTP (HTTPS) でアクセス可能であること (Proxy 経由可)
  • エージェントの対象ディストリビューションであること。

取得対象情報

エージェントで取得・登録される情報およびオープンソースソフトウェア (OSS) は以下の通りです。

  • Linux ディストリビューションの OS の種類・バージョン
  • Linux ディストリビューションが実装している rpm/deb バイナリ・パッケージ一覧
  • エージェントが検出可能とするオープンソースソフトウェア (OSS※)
    【検出可能オープンソースソフトウェア (OSS) 一覧】
    • Apache Sturts
    • Apache Tomcat
    • PHP
    • Ruby
    • Oracle Java SE JDK
    • Oracle Java SE JRE
Agent検出プロダクト

※ バイナリ・パッケージ以外でユーザが明示的にインストールした OSS のことを言います。

エージェントをインストールする

  1. root ユーザに昇格します。
    $ su -
  2. ruby, openssl および unzip をインストールします。
    # yum install -y ruby openssl unzip
    プロキシサーバを経由して外部に接続している環境では、インストール前に /etc/yum.conf 設定ファイルへプロキシの設定を追加します。
    proxy=http://proxy.example.co.jp:3001
  3. ダウンロードページをブラウザで開きます。
  4. 「SIDfm VM サブスクリプション契約約款」および「ソフトウェア使用許諾契約書」に同意し、チェックを入れたあと「ダウンロードページ」をクリックします。

  5. エージェントのアーカイブファイルをダウンロードします。

  6. 以下のコマンドを実行して、VM エージェントパッケージをインストールします。
    # rpm -Uvh sidfm-vm-agent-1.0-1.noarch.rpm
  7. 以下のコマンドを実行して、VM サーバで発行したホスト登録用 API キーを設定します。
    # echo "ホスト登録用APIキー" > /opt/softek/tmp/.register_apikey

    ホスト登録用 API キーはライセンス設定画面で発行する必要があります。ホスト登録用 API キーの発行方法は「ホスト登録用 API キーを発行する」を参照してください。なお、ホスト登録が必要な時にだけ発行し、通常運用時には削除する運用を推奨しています。 これは、このホスト登録用 API キーがあれば、自由にホスト登録が可能となるため、意図しないホストの登録が行われる可能性があるためです。

  8. SIDfm VM ではホスト名でホストを識別しており、ホスト名が対象のネットワークで一意である必要があります。そのため、正しいホスト名が設定されているか確認します。
    # uname -n
    もし「ユニーク」なホスト名として不適切(FQDNでないホスト名等)な場合は、9. の設定ファイルの生成の際にホスト名を明記することで変更が可能です。
  9. エージェントの設定ファイルをコマンドで生成します。ホスト名を指定しないときは、以下のコマンドで設定ファイルを生成します。なお、ホスト名は、uname -n コマンドを使用して自動的にセットされます。
    # /opt/softek/bin/generate_config.rb <VMサーバのURL>/redmine/sidfm/api/register/
    • 例 : VM サーバの URL が 「http://sidfmvm.example.co.jp」 の場合
      # /opt/softek/bin/generate_config.rb http://sidfmvm.example.co.jp/redmine/sidfm/api/register/
    ホスト名を指定する場合は、以下のコマンドで設定ファイルを生成します。
    # /opt/softek/bin/generate_config.rb <VMサーバのURL>/redmine/sidfm/api/register/ <ホスト名>
    • 例 : VM サーバの URL が 「http://sidfmvm.example.co.jp」、ホスト名が 「sample」 の場合
      # /opt/softek/bin/generate_config.rb http://sidfmvm.example.co.jp/redmine/sidfm/api/register/ sample
  10. HTTP Proxy設定を行います。
    利用しているproxyの形式に合わせて、以下のコマンドを実行してください。なお、ホスト名(proxy.example.com, http.proxy.example,com, https.proxy.example.com)やポート番号 (8080)、認証情報(user, pass)は、自組織の設定に合わせて設定してください。なお、Proxy認証はBASIC認証のみ対応しております。

    [HTTP Proxyが必要無い場合]

    # /opt/softek/bin/proxy_config.rb disable

    [HTTP Proxyが必要な場合(HTTP/HTTPSが同一の設定、認証無し)]

    # /opt/softek/bin/proxy_config.rb enable proxy.example.com:8080

    [HTTP Proxyが必要な場合(HTTP/HTTPSが異なる設定、認証無し)]

    # /opt/softek/bin/proxy_config.rb enable http.proxy.example.com:8080 https.proxy.example.com:8080

    [HTTP Proxyが必要な場合(HTTP/HTTPSが同一の設定、認証有)]

    # /opt/softek/bin/proxy_config.rb enable user:pass@proxy.example.com:8080
  11. 以下のコマンドを実行して、VM サーバにホストを登録します。
    # /opt/softek/bin/vm_agent.sh
    登録が成功すると VM サーバにホストとして登録・パッケージ情報等の送信が行われます。なお、登録成功の時点で 4. で設定したホスト登録用 API キーは削除され、代わりに /opt/softek/var/.host_apikey が生成されます。ホスト用の API キーが記載されており、以降の定期実行ではこのホスト用の API キーにより VM サーバにアクセスを行います。そのため、7. まで操作が終了しホストの登録が終了した後は、セキュリティ上の問題となりますので、VM サーバのライセンス設定画面のホスト登録用API キーを削除することを推奨します。
  12. ホストの脆弱性チェックの定期実行(1 日 1 回)を有効にします。
    # /opt/softek/bin/sidfm_vm_agent_ctl enable

インストール後に行う作業

エージェントのインストール作業が終わりましたら、VM にログインしホスト登録の確認、並びに、同期の確認を行います。

ホストが正常に登録されているか確認する

Web ブラウザーを起動し SIDfm VM のログインページにアクセスします。

  1. Web プラウザを起動します。
  2. http://<VM サーバのホスト名>/redmine/ にアクセスします。
  3. ログイン ID とパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。
  4. 設定メニューの「ホスト設定」をクリックします。
  5. 登録ホスト一覧の中にインストールしたホストが登録されているか確認します。

ホストと SIDfmAPI との同期を確認する

登録ホストが「」になっているか確認します。同期ボタンにカーソルを合わせると最終同期時刻や同期状態を確認することができます。

2 日以内に SIDfmAPI との脆弱性照合 (同期) を行っている
  • 最後に脆弱性照合 (同期) してから 2 日経過している
  • 同期待機中 : 登録してからまだ最初の脆弱性照合 (同期) が行われていない、システムカテゴリが割り当てられていない
  • 同期無効 : 何らかの問題で脆弱性照合 (同期) がされない状態

ホスト登録用 API キーを削除する

エージェントによりホスト登録を終了する場合、ホスト登録用 API キーの不正使用や意図しないホストの登録を防止するため、ホスト登録用 API キーはホスト登録作業後、削除してください。ホスト登録用 API キーの削除方法については「ホスト登録用 API キーを削除する」を参照してください。