株式会社ソフテックは、2022年4月1日に株式会社サイバーセキュリティクラウドに吸収合併されました。詳しくはこちら。

ユーザ情報をインポート・エクスポートする


ユーザ情報のインポート・エクスポートとは

エクスポートとは、ユーザ情報を TSV 形式でダウンロードする機能です。
インポートとは、エクスポート後に編集したファイル、または形式に従って作成されたファイルを読み込むことで、ユーザの登録、削除、及び更新をする機能です。
ユーザを一括して設定することができるため、設定するユーザが多い場合に、設定を効率的に行うことができます。

エクスポートする

ユーザ情報を TSV 形式でダウンロードすることができます。
ファイル名は、「vmlist-users-tsv-日時.csv」です。
ファイルの内容は、以下の構成となります。

ファイルヘッダ

ファイルの一行目は、以下の固定の情報となります。
ユーザID、ログイン名、姓、名、メールアドレス、認証方式、ユーザ権限、カテゴリ、最終ログイン日時、メール通知設定、ロック、次回ログイン時にパスワード変更を強制、削除、新規ユーザのパスワード

データ形式

項目名 フォーマット 説明
ユーザID 数値 ユーザIDです。
SIDfmVMで一意に設定されているデータで、画面(UI)上では見ることができません。インポートでユーザを削除、または更新する際に必要なデータです。
ログイン名 文字列 ログイン名です。
文字列 姓です。
文字列 姓です。
メールアドレス 文字列 メールアドレスです。
認証方式 文字列 メールアドレスです。
ユーザ権限 文字列 ユーザ権限です。
カテゴリ 文字列 ユーザのカテゴリです。SIDfm VM 管理者権限ユーザの場合は、カテゴリが設定されていても出力されません。
カテゴリの出力形式は、次のようになります。
"カテゴリ名,カテゴリ名"
それぞれのカテゴリ名には、次のような文字列が設定されます。
""カテゴリ名""
なお、カテゴリ名にダブルクォーテーション記号(")が含まれる場合は""""として出力されます。
""や""""のようにダブルクォート記号を出力するのは、Excelで正常に出力するためのものです。インポート時にも同じ処理が必要になりますので、ご注意下さい。
例: 「サンプル"B」と「サンプルA」というカテゴリが設定されている場合、次のように出力されます。
"""サンプル""""B"",""サンプルA"""
※ Excelの場合は、次のように出力されます。
"サンプル""B","サンプルA"
最終ログイン日時 YYYY/M/D H:MM:SS 最終ログイン日時です。
メール通知設定 TRUE/FALSE メール通知設定が有効の場合は「TURE」が、無効の場合は「FALSE」が出力されます。
ロック TRUE/FALSE ロック中の場合は「TURE」が、そうでない場合は「FALSE」が出力されます。
次回ログイン時にパスワード変更を強制 TRUE/FALSE パスワード変更を強制されている場合は「TURE」が、そうでない場合は「FALSE」が出力されます。
削除 空白 インポートでユーザを削除する際に使用する列です。
「TRUE」または「true」を入力してインポートすると、ユーザを削除できます。
新規ユーザのパスワード 空白 インポートで新規ユーザのパスワードを登録する際に使用する列です。
なお、登録済みユーザのパスワードは、エクスポートでは出力されず、インポートで変更することもできません。

エンコーディング

BOM 付き UTF-16LE の TSV 形式です。

ダウンロード手順

ダウンロードする手順は、以下の通りです。

  1. 左袖の「設定」メニューにある、「ユーザ管理」をクリックします。
  2. サマリー表で、エクスポートしたいユーザにチェックを入れます。
    全ユーザをエクスポートする場合は、全ユーザにチェックを入れるか、1つもチェックしないようにします。
  3. 画面下のアクションボタンにある、「エクスポート」をクリックすると、ファイルのダウンロードが開始されます。

インポートする

ユーザ管理画面のインポート機能で可能な操作は、以下の通りです。

  • ユーザの新規登録
    • 新規行にユーザ情報を設定することで、ユーザの新規登録を行うことができます。
  • ユーザ情報の更新
    • エクスポートで出力された行データの書き換え行うことで、該当箇所のユーザ情報を更新することができます。
  • ユーザの削除
    • 削除列に「TRUE」または「true」と入力することで、ユーザを削除することができます。
インポートでユーザの登録・更新・削除を行う場合は、以下のファイル仕様の通りに編集して下さい。
エクスポートで出力される全ての列名を、TSV形式のファイルの一行名に入力し、行データを入力することでもインポートを行うことは可能ですが、作業が煩雑になる可能性があるため、一度エクスポートを行い、そのファイルを利用してインポートすることを推奨します。

データ形式

項目名 フォーマット 新規登録する場合 更新する場合 削除する場合
ユーザID 数値 空白 必須です。
エクスポートした場合は、ユーザIDは自動入力されているため、変更せずにインポートして下さい。
なお、ユーザIDを変更することはできません。
必須です。
エクスポートした場合は、ユーザIDは自動入力されているため、変更せずにインポートして下さい。
ログイン名 文字列 必須です。 必須です。 不要です。
文字列 必須です。 必須です。 不要です。
文字列 必須です。 必須です。 不要です。
メールアドレス 文字列 必須です。 必須です。 不要です。
ユーザ権限 文字列 必須です。 権限を無くす場合は空白にします。その他の場合は入力が必要です。 不要です。
カテゴリ 文字列
カテゴリの入力形式は、次のようになります。
"カテゴリ名,カテゴリ名"
それぞれのカテゴリ名には、次のような文字列を設定します。
""カテゴリ名""
なお、カテゴリ名にダブルクォーテーション記号(")が含まれる場合は""""として入力します。
例: 「サンプル"B」と「サンプルA」というカテゴリが設定する場合、次のように入力します。
"""サンプル""""B"",""サンプルA"""
※ Excelの場合は、次のように入力します。
"サンプル""B","サンプルA"
カテゴリを設定する場合は入力します。
SIDfmVM管理者権限ユーザと権限の無いユーザの場合は、カテゴリを設定できないため、空白にして下さい。
カテゴリを無くす場合は空白にします。
その他の場合は入力が必要です。
SSIDfmVM管理者権限ユーザと権限の無いユーザの場合は、カテゴリを設定できないため、空白にして下さい。
不要です。
最終ログイン日時 YYYY/M/D H:MM:SS 最終ログイン日時を登録する場合は入力します。 最終ログイン日時を無くす場合は入力します。
その他の場合は入力が必要です。
不要です。
メール通知設定 TRUE/FALSE 指定する場合は入力します。
空白の場合は、「FALSE」が設定されます。
指定する場合は入力します。
空白の場合は、「FALSE」が設定されます。
不要です。
ロック TRUE/FALSE 指定する場合は入力します。
空白の場合は、「FALSE」が設定されます。
指定する場合は入力します。
空白の場合は、「FALSE」が設定されます。
不要です。
次回ログイン時にパスワード変更を強制 TRUE/FALSE 指定する場合は入力します。
空白の場合は、「FALSE」が設定されます。
指定する場合は入力します。
空白の場合は、「FALSE」が設定されます。
不要です。
削除 文字列 不要です。 不要です。 「TRUE」または「true」と入力します。
新規ユーザのパスワード 文字列 必須です。 不要です。
※登録済みユーザのパスワードは、インポートで変更することはできません。
不要です。

エンコーディング

BOM 付き UTF-16LE の TSV 形式に対応しています。

インポート手順

インポートする手順は、以下の通りです。

  1. 左袖の「設定」メニューにある、「ユーザ管理」をクリックします。
  2. 画面下のアクションボタンにある、「インポート」をクリックします。
  3. インポートダイアログが開いたら、ファイル選択ボタンをクリックしてファイルを選択します。
  4. ファイルを選択後、実行ボタンをクリックします。
  5. インポート確認画面に遷移します。
    内容を確認後、実行ボタンをクリックするとインポートが実行され、内容が反映されます。

※更新または削除するユーザがある場合、インポート実行時に対象のユーザがルールに関連している場合は、その情報がダイアログに表示されます。
この時、OK ボタンをクリックすると、インポートが実行され、ルールも処理されます。キャンセルボタンをクリックすると、インポートを実行しません。
なお、以下のようにログインユーザの権限によって、表示される内容が異なる場合があります。
SIDfm VM 管理者権限の場合: 対象のユーザがルールに関連している場合は、そのユーザとルールの情報が全て表示されます。
SIDfm VM 報告者権限の場合: 対象のユーザがルールに関連しており、且つ ルール/条件/操作 のいずれかが削除される場合に、そのユーザとルールの情報が表示されます。