脆弱性の対応予定日を一括で変更する


脆弱性の対応予定日を一括で変更することができます。

対応予定日を一括変更する

  1. サマリーから該当のホストもしくは脆弱性を選択します。

    ホスト別状況画面

    「ホスト別状況画面」で脆弱性の対応予定日を一括変更すると選択したホストで検出された全ての脆弱性の対応予定日が変更されます。

    ホスト詳細画面

    「ホスト詳細画面」で脆弱性の対応予定日を一括変更すると選択した全ての脆弱性の対応予定日が変更されます。

    脆弱性別状況画面

    「脆弱性別状況画面」で脆弱性の対応予定日を一括変更すると選択した脆弱性が検出された全てのホストの対応予定日が変更されます。

    脆弱性詳細画面

    「脆弱性詳細画面」で脆弱性の対応予定日を一括変更すると選択したホストの対応予定日が変更されます。

  2. 「対応予定日一括変更」をクリックします。
  3. 設定日で対応予定日を選択します。強制上書きにチェックを入れると既に設定済みの対応予定日を上書きします。また、対応予定日の変更時にはコメントを残すことができます。何かメモを残しておきたい場合などにご利用ください。
  4. 更新をクリックすると対応予定日の一括変更が反映されます。