ユーザを作成・変更・削除する


ユーザを新規作成する

  1. 左袖の「設定」メニュー「ユーザ管理」をクリックします。
  2. 画面左上の「新規登録」をクリックし、管理メニューの「ユーザ新規登録」のモーダル画面を開きます。
  3. ユーザ作成用モーダル画面です。ユーザ情報を入力します。
    ユーザ情報
    ログインID ログイン時に使用する ID を入力します。
    パスワード ログインする際に入力するパスワードを入力してください(8文字以上)。
    パスワードの確認 パスワードに入力したものをもう一度入力してください。
    ユーザの姓を入力してください。
    ユーザの名を入力してください。
    メールアドレス ユーザのメールアドレスを入力してください。
    認証の方式の選択
    認証方式 パスワード認証とLDAP 認証(予定)の方法を利用できます。デフォルトは本システム内でのパスワード認証です。Redmine の LDAP 認証の設定を行った場合にのみ「パスワード認証」以外を指定できます。
    ユーザ権限の指定
    ユーザ権限の種類 当該ユーザに与える「ユーザ権限」を指定します。SIDfm VM 内で使用するユーザ権限は、「SIDfm VM管理者」、「SIDfm VM報告者」、「SIDfm VM閲覧者」となります。
    権限 SIDfmVM管理者 SIDfm VM における操作の全てを行えます。
    SIDfmVM報告者 自分の属するカスタムカテゴリ(「所属カテゴリ」という)内でのホストの登録(作成)やユーザの作成、チケットの更新等、通常の業務で使用される操作を行えるユーザです。直接サーバやシステムの管理を行う担当者が基本的には当該ユーザ権限で利用することになります。
    SIDfmVM閲覧者 ホスト、ユーザ等の変更や追加に相当する操作は行えず、所属カテゴリ内のデータの閲覧のみ許可されたユーザです。直接的にサーバやシステムの管理を行っていない管理者や、ゲスト等の閲覧のみが必要な方が利用することを想定したユーザです。

ユーザの「カスタムカテゴリ」の変更を行う

カスタムカテゴリは、予め、SIDfmVM管理者により作成されている必要があります。

  1. 「ユーザ」を作成した後、当該ユーザの「カテゴリ変更」ボタンをクリックします。
  2. カテゴリの編集モーダル画面が現れますので、登録されているカテゴリの中から選択します。除外欄から割り当てるカスタムカテゴリを選択し をクリックします。
  3. 更新ボタンをクリックして、内容を変更(登録)します。当該ユーザのカスタムカテゴリ欄の中に設定した「カテゴリ名」が表示されます。

【カスタムカテゴリの変更に関する仕様】

  • カスタムカテゴリは、SIDfmVM報告者、SIDfmVM閲覧者のユーザのみに設定できます。
  • ユーザには、必要に応じて複数のカスタムカテゴリを設定できます。
  • SIDfmVM管理者は、登録されている全てのカスタムカテゴリをユーザに付与することができます。
  • SIDfmVM管理者が、SIDfmVM報告者、SIDfmVM閲覧者の権限のユーザを新規登録した際は、カスタムカテゴリが設定されていないため、カスタムカテゴリを設定する必要があります。
  • SIDfmVM報告者が、SIDfmVM報告者、SIDfmVM閲覧者の権限のユーザを新規登録した際には、カスタムカテゴリは「登録したSIDfmVM報告者の所属カテゴリ」が設定されます。
  • SIDfmVM報告者は、所属カテゴリの範囲に限り、ユーザのカスタムカテゴリを変更することが可能です。もし、所属カテゴリの他にカスタムカテゴリが設定されているユーザのカテゴリ変更を行った場合、所属カテゴリの範囲のみ変更を行われ、非所属カテゴリは当該操作による影響を受けません。

ユーザ情報を変更する

  1. 左袖の「設定」メニュー「ユーザ管理」をクリックします。
  2. ユーザ表から、変更したい「ユーザ」を検索し、変更ボタンをクリックします。
  3. ユーザ情報の編集モーダル画面が現れますので、変更が必要とする項目を変更します。
  4. 更新ボタンをクリックして、内容を変更します。

【ユーザ情報の変更に関する仕様】

  • 変更できる項目は、「ログイン名」「パスワード」「姓」「名」「メールアドレ ス」「認証方式」「ユーザ権限」です。
  • SIDfmVM報告者は、所属カテゴリのユーザに限り設定変更が可能です。
  • SIDfmVM閲覧者は、自分自身の「認証方式」「ユーザ権限」以外の項目のみ変更可能です。
  • 変更によってSIDfmVM管理者の数が 0 になる場合、エラーとなり操作できないようにしています。これは、SIDfmVM管理者が削除されると操作できなくなるためです。
  • Redmine管理者に対する操作は、SIDfmVM管理者でログインした際に、認証方式・権限以外の項目を変更できます。それ以外の操作はできません。

ユーザを削除する

  1. 左袖の「設定」メニュー「ユーザ管理」をクリックします。
  2. ユーザ表から、削除したい「ユーザ」を検索し、削除ボタンをクリックします。
  3. 確認ダイアログが表示されますので「OK」をクリックします。

【ユーザ情報の削除に関する仕様】

  • Redmine管理者は削除できません。
  • 自分自身は削除できません。
  • 削除によってSIDfmVM管理者の数が 0 になる場合、エラーとなり操作できないようにしています。これは、SIDfmVM管理者が削除されると操作できなくなるためです。