グループフィルタを作成する


グループフィルタは、ユーザに付与されたユーザフィルタと同様の内容です。グループフィルタは、セキュリティホール情報を選別するための設定で、最大 5 つまで作成することができます。1 つのグループフィルタには OS やアプリケーションなど 10 アイテムを登録することができるため、最大 50 アイテムを登録することが可能です。また、CVSS 基本値や危険度、影響範囲を指定することにより、より危険なセキュリティホール情報だけに絞り、それらの情報を「即時」「毎時間」「毎日」「毎週」の 4 つのタイミングでメールで受け取ることが設定できます。グループフィルタを閲覧できるユーザは、管理者権限によってグループフィルタの閲覧を許可されたユーザとなります。グループフィルタの閲覧を許可されていないユーザでグループフィルタの内容を閲覧することはできません。
※ SIDfm Biz のみの機能です