SIDfm head title

SIDfm™ RA 機能 7

その他の機能

 SIDfm™ から引き続きご利用可能な機能をご紹介いたします。

セキュリティホール情報は、ベンダー毎にアドバイザリ情報としてもまとめられております。その他、メディアから発信されるニュースや技術情報も集約され、世間のセキュリティ事情を常に知ることができます。OS やアプリケーションのバージョン毎のトータルリスクや EOL(End of Life/製品ライフサイクル)情報などもまとめて表示できます。

SIDfm™ 脆弱性データベースの中から、キーワードやアプリケーション名、CVSS属性、攻撃コードの有無等 のさまざまな絞り込み条件でセキュリティホールを特定できます。また、当該セキュリティホールに関係するホストが存在する場合は「ホストマーク」が表示されます。

特定さまざまな絞り込み条件で脆弱性情報(セキュリティホール情報)を「調べる」ことができる機能です。

調べたいキーワードを条件にした絞込み検索を行うことで、「調べる目的」に合致した本当に必要なセキュリティ情報へたどり着くことが出来ます。 サーバの管理者から会社全体のセキュリティリスクを守る情報システム部門、さらにはセキュリティ診断を担当する方まで、セキュリティ情報を必要とするさまざまな場面に適用できる、検索機能になっています。

[NEW] SIDfm™ RA では、関連するホストの絞り込み機能に加えて、検索結果のセキュリティホール情報詳細にもホスト・製品・コンテンツなど関連情報が強力に紐付き、問題へ対処するために必要な情報を一画面に集約しました。

クリックして拡大

参考情報

アドバイザリ情報

収集ベンダー毎に整理されたアドバイザリを表示します。

アドバイザリ情報とは、製品提供ベンダーから公式に発表されるセキュリティホール情報です。 SIDfm™ では、アドバイザリ情報を「もっとも信用すべきセキュリティ情報」と位置付け、ベンダー毎にアドバイザリ情報を整理しています。

アドバイザリ情報の検索は、キーワードと期間指定による検索ができます。また、アドバイザリの提供元の一覧から選択することも出来ます。

参考情報

ニュース

収集インシデント別、テーマ別にニュースを分類しています。セキュリティホール情報とのタイアップも行っています。

セキュリティに関する最新情報を表示します。期間とフリーキーワードによる検索が可能です。

「警告・注意情報」「トピック」「技術情報」「統計」の4つのカテゴリ別に分類されており、セキュリティホール情報と関連がある場合は、そのニュースとの関連付けを行い表示します。

参考情報

アプリケーション情報

収集OSやアプリケーションのバージョン毎のトータルリスクや EOL(End of Life/製品ライフサイクル)情報をまとめて表示します。

「製品・アプリケーションのセキュリティホール 詳細」は、各製品、アプリケーションのEOL情報やCVSSによるセキュリティ・リスク総合評価、セキュリティホールの出現履歴を表示します。各製品の適用に関するシステムの設計や事前調査等に便利な機能です。

「最新バージョン情報」は、一般的によく利用されるサーバ・アプリケーションの最新バージョン情報を表示します。ベンダーのホームページへのリンクも表示されていますので、すばやく最新版をダウンロードすることができます。

参考情報

Twitter/RSSにて脆弱性情報を配信中(無料)

記録TwitterやRSSでもSIDfmi™ の脆弱性情報を配信中です。是非ご活用ください。

※ TwitterおよびRSSでの配信は、内容および配信そのものを保証するものではありません。 予告なく停止・終了したり内容が変更される場合ありますので予めご了承ください。