ソフテックの使命

すべては、お客様の「安全」のために。

お客様にとってより的確で役立つ脆弱性情報を提供してまいります。

継続的なIT資産の脆弱性解消プロセスと仕組みを提供してまいります。

社会から潜在的なシステム脆弱性をなくし、セキュリティ侵害されないIT基盤作りに貢献してまいります。

代表挨拶

 ソフテックは、1991年の会社創立以来、高い技術力を必要とするスーパーコンピュータ分野への総合コンサルティングを提供し、政府官公庁などにおける数々の大プロジェクトのインテグレーションで大きな実績をあげてまいりました。また、1990年代のインターネット創成期の頃から、ネットワーク・セキュリティ関連のコンサルティングでも高度な問題に対する先進的なソリューションを提供する企業として高い評価をいただいております。

 これらの技術力の源泉は、常に新しい技術や情報を求め吸収し、先進技術に対して積極的にチャレンジしてきたことにあります。ソフテックは、これらの技術・ノウハウをバックボーンとすることで、情報セキュリティ分野では、1999年に日本で初めて商用ベースのセキュリティ脆弱性情報の提供をベースとした「脆弱性管理ソリューションSIDfm」を提供し、現在においては多くのお客様が SIDfm を活用していただいております。組織の IT インフラの安全性を継続的に維持するための基本となる脆弱性管理のソリューション提供のトッププレーヤーであるとともに、現在、大きなセキュリティ・リスクの一つであるWebアプリケーションの診断技術においても、2002年度に情報処理推進機構(IPA)の電子政府情報セキュリティ技術開発事業の一つに採択されたWebアプリケーションの診断ツール WebProbe を開発し、時代の先駆けとして当該分野の診断技術を提供してまいりました。

 ソフテックは、Webシステムの問題や脆弱性への対策に関してのすべてを網羅する自社開発技術をもつセキュリティの専門企業です。社会から潜在的なシステム脆弱性をなくし、セキュリティ侵害されないIT基盤作りに貢献してまいります。

 HPC(High Performance Computing)分野では、90年代初期、日本において「並列処理技術」と言う言葉がない頃から、並列システムの開発や並列プログラムの実装という高速計算技術をお客様に提供してまいりました。常に最先端の HPC 技術を取り込み、応用に活かし、日本に並列処理を根付かせてきた一員と思っております。現在において、HPC技術は人工知能(AI)、レンダリング、シミュレーション、マイニング処理等々、様々な分野で活用されています。弊社は、NVIDIA 社の GPU 利用ソリューションの一つである、PGIコンパイラ製品の販売サポートを通して、最先端の GPU アクセラレータを含む HPC プラットフォームへの並列実装技術を提供してまいります。

 私共ソフテックは、今後、セキュリティビジネスへの資源を集約し、お客様のご要望を実現し、サイバーセキュリティ対策の根本となる脆弱性管理・対策を支援、解決するためのユーテリティやソリューションを開発し提供してまいります。すべては、お客様の「安全」のために、皆様の一助となるよう努めてまいります。

CompanyMission

私たちは技術の本質に対する深い理解と
豊かな経験を備えております。

株式会社ソフテック
代表取締役社長 加藤 努